はてなよんどめ

混沌としたブログ

歴代のワンニャン

私が育った家庭は色々な面でとても危うい家庭でしたが

いつも そこにはワンニャン時々ピッチイがいました

 

ニャンにいたっては、最大六匹おりました

引き取ったシャムのメンタ(メス)から五匹増産されたんです

今なら多頭飼いなどと言って批判の的になると思いますが

 

昔は猫を家に閉じ込める飼い方は主流ではありませんでしたが(田舎では)

それぞれの猫たちは それぞれに猫生を全う致しました

 

一代目のワンは ヨーゼフ入りの子でした

この子は捨て犬でした

 

この子は15歳で全うしました

 二代目のワンは実母に蹴り殺されました

 

 

 実家を出て今のところで暮らす様になって

野良のブチコに出会いました

ブチコには去勢手術をしました

私と言う人間の勝手な介入で ブチコは悲惨な最期でした

 

ae7sakura.hatenablog.com

 

 

ae7sakura.hatenablog.com

 

 

私は思います

この世の命を人間はコントロールしたがります

この青い星を資源の塊としか見ない様に

人間の都合の良い様にしようとします

人間が言う「共存」とはそういうことだと思います

 

この問題を前に 

誰が真理を見つけることが出来るのでしょうか・・・

 

私には分からないし解決は出来ません

自分だけは正しいとも思いません

 

ただ 目の前の命と共に在りたいと思っています

 

今年もカラスのガー太郎夫婦は電柱に巣を構えてしまいました

 

雨がしとしとと肌寒い日の朝

巣は跡形もなく

ガー太郎夫婦は電線の上でピッタリと寄り添い

雨に濡れていました

 

本当に美しいのは彼らだと思いました

 

人間には到底到達出来まい・・・そう私の中の爺が呟きました

 

 

 

f:id:ae7sakura:20200430092215p:plain

麦秋の隣は早苗の整列でした

 

通り過ぎるだけ観光~写真はたった2枚

f:id:ae7sakura:20200523214453j:plain

 

たまーに外から見に行くだけの教会です

これはウィリアム・メリル・ヴォーリズの建築物です

車の中からパチリ(パチリって言うオノマトペが昭和)

 

ja.wikipedia.org

 

湖国には今も何件か健在しています

gipsymania.exblog.jp

 

こちらの方がとても詳しく探訪されています

(お気に入りのブログで何度も拝見しています)

 

 

f:id:ae7sakura:20200523214550j:plain

 

これも車の中からパチリ📷✨

明智光秀のお墓がある西教寺でございます(門だけ)

この辺りは本当に歴史風情のある地域です

 

 きょうは これまたたまーにお買い物に行くお肉屋さんが経営するスーパーへGO!

(このスーパーがとてもワクワクするスーパーなんです)

 

 鮮魚コーナーに何やらデカいスペアリブの様な物体が・・・

ふむふむ「まぐろのカマ煮」

実はわたくしわ、煮魚が苦手でございます

なので時々こうして売りに出されている煮魚を買います

(写真を撮るのを忘れてしまいました)

パパもそういうのは初めての様で

そのカマと言うものを格闘しながら食べていました |д゚)

 

普通の男はんだと きっとイライラして

「ようわからんのやったら、こんなようわからんもんこうてくな!」  

訳:よく分からないなら、こんなよく分からないものを買って来るな

と怒られる所だと思いますが

 

パパは我慢強く食べてくれました

子ども達にはサバの味噌煮を買い とても好評でした

 

デザートはパパの大好きな「塩豆大福」です

さっき2つペロリと平らげていました

ああ これじゃ痩せないね (パパメタボ)

 

夏の健康診断に近くなって来たら

毎年粗食になります

 

まるで試験の一夜漬けです

 

きょうは晴れで暑かったので とても疲れました・・・

心臓の24時間ホルダーを年に一度だけ付けてもらいますが

コロナの影響で延期ちゅうです

 

きょうは浮腫みが酷くて 体重が1日で2,5キロ増えていたので

もらっている利尿剤を飲みました・・・

 

トイレに何度も行ったので それでも疲れました( ;´Д`)

 

それでは皆様おやすみまさいまし <(_ _)>

 

明日はどんな日かな・・・

 

 

ae

 

 

 

 

 

なんじゃそれ

と思われると思います

今の時代の便利さを利用して こうしてブログを書いている訳ですが

 

わたくしわ特に変人なのだと思います

加えてへそ曲がりでして(^_^;)

 

いわゆるこの時代の どんどん どんどん増えるとか

繋がるとかシェアするとか

そういうことが苦手です

 

自分が思う丁度良い具合と言うのが

なんとなくですが あります

 

読者登録を頂いても まったく来訪が無い方がほぼほぼほぼですし

私の方でも 本当に読みたいブログでないと読者になりません

なので相互登録するものだと言う気持ちがまったくありません

 

普通は数字が増えると喜ぶものだと思うのですが

私は数字にはあまり興味がありません

 

 

まったく来てもらえないのも本末転倒なのでアレなのですが(アレって何だよ)

ああ ちょっとロックダウンしたいなと思うと(コラ!)

グループ登録を全部外したりして

自分なりに調整しています

 

今までそうして来ても 

残って下さっている読者さんには感謝してもしきれない思いです

 

本当はもっと 自分の数奇な人生を誰かに聞いて欲しい気持ちがあったのですが

(一昨年には本当に衝撃的な事件があり、動揺して心が壊れそうになりました)

やはり 軽々しく書ける内容ではないことも多いので 諦めて

中途半端で混沌とした内容を連ねてしまっているのが

現状です・・・

 

 

PCもあんまり得意じゃないし

この前も別ブログを写真アップ目的で作って喜んでいたのですが

こっちのブログもスマホから書けることが解って

せっかく読者登録(三名様)をして下さったのですが

削除してしまいました・・・

この場を借りましてお詫び申し上げます

 

へそ曲がりの変人ですが

自分では悪い奴だとは思っていません

ただ他の多くの方とはかなり違った価値観で生きているのも事実なので

気を悪くさせてしまっているなぁと自覚する部分もありますが

 

これが私なので、この調子を変えることは

自分自身を偽ることになるので

この調子でこれからも書くと思います

 

ですので もし不快な思いをされた場合や何だか気苦しいな

と言った状態になられたら

どうかお気遣いなく放置したり抹殺して下さって下さいまし(´-ω-`)

 

そういうのは想定していますし

それで凹むことはないので 心配なさらないで下さいね

 

それでは また (`・ω・´)ゞ

 

f:id:ae7sakura:20200521231113j:plain

ラニフのワンピはドラえもん



 

 

 

 

しぇんしぇー○○〇ちゃんキタヨ~ゥ

明日はお嬢の外来受診日です

抗がん剤を飲んで一か月です

 

副作用は特に無いようですが

最近 睡眠時間が少なくて やたら元気です(Highになってる)

 

てんかんの発作は特に変わりなくですが

ちょっと違った形態?が出てます

 

顔が・・・変に笑うんですね( ̄▽ ̄;)

笑い顔が非常に不自然なんです

それが片方だけだったり・・・ちょっとヨダレがぽたーりと出たり

(普段お嬢は割と口の閉まりは良い)

どうやら笑い発作? の様です

 

就寝中でもむくっと起きて

いきなり「ひゃーひゃーひゃー」と明石家さんまの様な引き笑いをします

その後 またスピ―と眠ったり(-_-;)

 

本人も休めてないのではなかろうかと心配です

 

飲み始めてから 様子を日誌に書いていますが

明日も先生は 中岡の様な「はぁ~ふぅ~」という返答なのか・・・

 

先生は先生が治療方針を先導すると言うより

「で、どうされます?」的なスタンスなんです(-"-)

たぶんね、大学病院の脳外科に振ってから

そこでどうにも出来なくて戻されたので(非常に難易度の高い場所に腫瘍がある)

肩透かしを食らった感じなのか「あーそっかー」(戻って来たんだー)てな感じなんです

 

悪く捉えれば とっても消極的です

良く捉えれば こちらのペースを気遣っている様

メンタル面への気遣いは皆無ですし(それは期待し過ぎでしょうか)

 

まぁ 痙攣硬直発作よりはましなのですが

(それも週に2.3回はある)

 

でも てんかん発作より先に腫瘍縮小が目的なのでいいんです(-_-;)

 

まだ飲み始めて一か月だし

今後も小さなことも見逃さず日誌にメモりたいです

 

f:id:ae7sakura:20200511135731p:plain

美しさと不自由さ

 

 

※ ブックマークのポチは意図的に外しています

  気がついたら どの記事かは分からないのですが

  ブックマークが増えています・・・ブログをやると仕方ないのだとは思いますが

  きょうの様な内容も書くので出来たらブックマークは控えて頂けると幸いです

  

 

シヴァの詩

 

破壊神が動く時

 

善も悪も

 

地面も撹拌され

 

何もかもが

 

失われた様に

 

愚かな人間は

 

神をはきちがえ

 

ある者は祈り

 

ある者は恨み

 

ある者は震え

 

ある者はまるで

 

跡形もなく

 

もとの姿へ

 

全てのあらゆるものへ

 

この世の音と言う音が轟き

 

最後の静けさのなか

 

地面はふたたび芽吹き

 

大地はただ青く

 

まるで海との

 

境目も分からぬ様に

 

そうしてやっと

 

人間どもは

 

地の果てを知り

 

全てと一体になる

 

 

 

 

f:id:ae7sakura:20200519130607p:plain

神の手も届かぬ小さき君たち

 

ポエムな気分

 

 

そのうちにこなくなるよ

 

だっていつもそうだから

 

そのうちにこなくなるよ

 

はじめはめずらしがっても

 

いつかそれが嫌悪にへんかするの

 

そのうちにこなくなるよ

 

なぜってそれがはんしゃするから

 

まるでじぶんがせめられているような

 

そんなきもちになるの

 

そのうちにこなくなるよ

 

みんなそのうちににげてゆく

 

だっていつもそうだからさ

 

そしてせかいから

 

わたしたちはいないものになるの

 

ここにいても

 

きえてなくなるの

 

 

 

 

 

 

ヒマラヤの青いケシ

f:id:ae7sakura:20200518085514j:plain

 

チコちゃんが紹介している絵は

ちょっと前に家のメモ紙に カラー筆ペンで描きました

青いケシです

手書きの絵をアップするのは初めてだと思います(大した絵じゃないですが)

 

今 脳裏には赤いケシのイメージが強いのですが

なかなかお絵描きの神様が降りて来ません・・・

 

時々買う愛読書です 有名な雑誌ですね

【暮らしの手帖】でございます 

      

 

f:id:ae7sakura:20200518090105j:plain

 

デフォルメ具合と省略具合が絶妙です

情熱の赤なのに可憐なイメージもありますね

わたしくは、ケシやアネモネの類も好きでございます

こんな風景を肉眼で見てみたいものです

 

 

さて 

前回の記事では私の創作物語を載せました

 

これは実は実際のエピソードを基にしています

もう五年は前のことだと思いますが

ネタバレをするのは 何だか下世話な話しになってしまうので

汚さないようにと工夫したつもりです

 

他にも人生の中で起こった

悲しい出来事でも そのことを大切にしたい時

私の場合、大事に閉まっておきたい気持ちが強いです

 

悲しみの受け捉え方と言うのも

人それぞれだと思いますが

 

私はそれらを区別して 

出すもの出さないものを決めています

(まぁまぁ痛いことも書いてはいますが、それ以上のと言う意味)

 

そして本当に汚したくないものや 大切なことは

軽々しく口にしない様にしています(不特定多数にと言う意味)

 

これは私の方針であり覚悟でもあります

 

そういう目線から

人様の人生が一見順調そうに見えたとしても

本当のところは分からないと言う一種の想像力が働き

それが何かしらの思いやりに繋がるのでは・・・とも考えています

 

何でもかんでも見せてしまいたいと言う気持ちは

若い頃には強かったのですが(受け止めて欲しいあまりに)

ある時期から

それでは相手を疲れさせてしまうのではないかと

はたと自覚した次第です

 

まだまだな自分もいますが

生命を全うするまで日々勉強、精進したいものです

 

 

湖国・・・五月十九日・・零時過ぎ 雨がジャバジャバ降っています

 

皆さま おやすみなさいまし <(_ _)>